群馬県立館林美術館 English   モバイル
メールマガジン   サイトマップ

ホームへのリンク美術館概要へのリンク展示案内へのリンク イベント案内へのリンク施設案内へのリンク利用案内へのリンク アクセスへのリンク

[ イベント案内 ]
講座・講演会・その他  

講座、講演会、コンサートなどのさまざまなイベントを開催順にご案内します。
「フランソワ・ポンポン展」関連事業
アーティストが語るフランソワ・ポンポン
要申込 無料
フランソワ・ポンポンを愛するアーティストたちに作品の魅力を語っていただきます。
日時・講師
[1] 12/12(日) 野口哲哉氏(現代美術作家)
[2] 12/19(日) はしもとみお氏(彫刻家)★ 定員に達したため受付は終了しました ★
各日午後2時~3時
対象 一般
会場 講堂
定員 先着50名 ※定員になり次第受付終了。
参加費 無料
参加方法 要申込、11/19(金)より受付開始。Eメールでお申し込みください。
[1]、[2]両日ともご希望の場合は、それぞれ別にお申込みください。        
1回の申込につき2名まで申込可能。※受付開始日前の申込は無効です。
申込記載事項(申込先メールアドレス:event@tatebi.jp)
       件名:トークイベント
       本文:(1)希望日
           (2)申込者名(2名の場合は全員のお名前)
           (3)日中連絡が取れる電話番号
※携帯メールの場合、event@tatebi.jpからのメールが受信できる設定にしてください。
※必要な配慮事項がある場合は記載をお願いします。(例:車いすでの参加など)
※記入内容が不十分な場合は、申込を受付できない場合がありますので、ご注意ください。
※送信後、3日以内に返信がない場合は、美術館まで電話でお問い合わせください。

[講師プロフィール]
野口 哲哉(のぐち てつや)
鎧と人間をテーマに現代性や人間性を問いかける美術作家。
本年7~9月に大規模な個展が当館に巡回した。
フランソワ・ポンポンについて最も尊敬する作家と語る。
1980 高松市生まれ
2003 広島市立大学 芸術学部 油絵科 卒業
2005 広島市立大学 大学院 修了
2016 平成27年度香川県文化芸術新人賞 受賞

主な個展
2004 「野口哲哉展-野口哲哉の武者分類図鑑-」練馬区立美術館(東京)、
    アサヒビール大山崎山荘美術館(京都)
2018 「中世より愛をこめて」ポーラミュージアムアネックス(東京)
2019 「鎧ノ中デ-富山編-」秋水美術館(富山)
2021 「野口哲哉展― THIS IS NOT A SAMURAI」(香川、山口、群馬、愛知)

はしもとみお
三重県北部の古い民家にアトリエを構え、動物たちのそのままの姿形を木彫りにする、肖像彫刻家。
各地の美術館で、木彫りの動物たちに間近で触れ合える展覧会を開催するほか、動物たちの肖像制作、フィギュアやオブジェの原型制作や動物たちのイラスト等も手がける。

主な個展
2014 「はしもとみお展 動物たちからの手紙」
    一宮市三岸節子記念美術館(愛知)
2017 「木彫りどうぶつ美術館 はしもとみおの世界展」
    ヤマザキマザック美術館(愛知)
2020 「はしもとみお どうぶつ彫刻展」ふくやま美術館(広島)
2021 「はしもとみお 木彫展 いきものたちの交差点」
    武蔵野市立吉祥寺美術館(東京)
 
photo ウラタタカヒデ
「フランソワ・ポンポン展」関連事業
連続講座
申込不要 無料
当館学芸員によるテーマを掘り下げたお話です。
内容・日時・講師:
「ポンポンの石膏のひみつ」1/9(日) 講師=神尾玲子(当館学芸員)
「フランス、ポンポンの故郷を訪ねて」 講師=松下和美(当館学芸員) 
 [1] 1/16(日)「 パリ」  [2] 1/23(日)「 ブルゴーニュとノルマンディー」
各日午後2時~3時(午後1時30分より開場)
対象 一般
会場 講堂
定員 先着50名 ※定員になり次第受付終了。
参加費 無料
参加方法 開場時刻になりましたら、講堂前受付へお越しください。

群馬県立館林美術館
〒374-0076 群馬県館林市日向町2003 
tel.0276-72-8188 fax.0276-72-8338 
お問い合わせ  リンク 個人情報の保護について 
© GUNMA MUSEUM OF ART, TATEBAYASHI