群馬県立館林美術館 English   モバイル
メールマガジン   サイトマップ

ホームへのリンク美術館概要へのリンク展示案内へのリンク イベント案内へのリンク施設案内へのリンク利用案内へのリンク アクセスへのリンク

[ イベント案内 ]
講座・講演会・その他  

講座、講演会、コンサートなどのさまざまなイベントを開催順にご案内します。
「大下藤次郎と水絵の系譜」展関連事業
記念講演会「旅と写生 大下藤次郎の紀行文『尾瀬沼』を読む」
要申込 無料
大下藤次郎は水彩画と紀行文で尾瀬の魅力を発信しました。美しい自然と、旅の準備から道中のエピソードまで生き生きと語る紀行文「尾瀬沼」を紹介いただき、明治の旅を追体験します。
日時 10/25(日) 午後2時~3時30分
講師 原田光氏(美術史家、元岩手県立美術館館長)
対象 一般
会場 講堂
定員 先着50名※定員になり次第受付終了。
参加費 無料
参加方法 要申込、10月7日(水)より受付開始。Eメールでお申し込みください。
       1アカウントにつき1回、1回の申込につき2名まで申込可能。※受付開始日前の申込は無効です。
申込記載事項(申込先メールアドレス:event@tatebi.jp)
       件名:10/25記念講演会
       本文:(1)申込者名(ふりがな)・年齢(複数の場合は全員のお名前・年齢)
           (2)日中連絡が取れる電話番号
※携帯メールの場合、event@tatebi.jpからのメールが受信できる設定にしてください。
※必要な配慮事項がある場合は記載をお願いします。(例:車いすでの参加など)
※記入内容が不十分な場合は、申込を受付できない場合がありますので、ご注意ください。
※送信後、3日以内に返信がない場合は、美術館まで電話でお問い合わせください。

[講師プロフィール] 原田 光(はらだ・ひかる)
愛知県生まれ。1970年、早稲田大学第一文学部仏文科卒業。1971年、美術出版社入社。1981年、神奈川県立近代美術館勤務。 2003年、横須賀美術館開設準備室長。2016年まで岩手県立美術館館長を務める。
著述に、『日本の水彩画1 大下藤次郎』(第一法規出版、1988年)、『水絵の福音使者 大下藤次郎』(美術出版社、2005年) ほか多数。

「大下藤次郎と水絵の系譜」展関連事業
記念講演会「青雲画士物語」
要申込 無料
明治の貧しい青年水彩画家たちは、描きためた水彩画を手に渡米し、大成功を収めて次々に凱旋帰国しました。痛快活劇を見ているかのような彼らの冒険譚を語っていただきます。
日時 11/22(日) 午後2時~3時30分
講師 佐藤聡史氏(丸山晩霞記念館館長)
対象 一般
会場 講堂
定員 先着50名※定員になり次第受付終了。
参加費 無料
参加方法 要申込、11月4日(水)より受付開始。Eメールでお申し込みください。
       1アカウントにつき1回、1回の申込につき2名まで申込可能。※受付開始日前の申込は無効です。
申込記載事項(申込先メールアドレス:event@tatebi.jp)
       件名:11/22記念講演会
       本文:(1)申込者名(ふりがな)・年齢(複数の場合は全員のお名前・年齢)
           (2)日中連絡が取れる電話番号
※携帯メールの場合、event@tatebi.jpからのメールが受信できる設定にしてください。
※必要な配慮事項がある場合は記載をお願いします。(例:車いすでの参加など)
※記入内容が不十分な場合は、申込を受付できない場合がありますので、ご注意ください。
※送信後、3日以内に返信がない場合は、美術館まで電話でお問い合わせください。

[講師プロフィール] 佐藤 聡史(さとう・さとし)
神奈川県藤沢市出身。2006年、丸山晩霞記念館学芸員・梅野記念絵画館学芸員を兼務(~2013年)。2020年より丸山晩霞記念館館長。企画展覧会に、「山岳に焦がれた男たち : 標高三千メートルの世界を描くために生まれてきた」(2011年)、 「太平洋に馳せる夢:若き日本人画家たちの冒険と浪漫 : 「青雲画士」物語」(2014年)、 「生誕150年 明治150年 美しき明治のみづゑ 丸山晩霞展」(2018年)など。 

群馬県立館林美術館
〒374-0076 群馬県館林市日向町2003 
tel.0276-72-8188 fax.0276-72-8338 
お問い合わせ  リンク 個人情報の保護について 
© GUNMA MUSEUM OF ART, TATEBAYASHI