群馬県立館林美術館 English   モバイル
メールマガジン   サイトマップ

ホームへのリンク美術館概要へのリンク展示案内へのリンク イベント案内へのリンク施設案内へのリンク利用案内へのリンク アクセスへのリンク

[ 展示案内 ]
過去の展覧会


北大路魯山人(1883~1959)は、京都に生まれ、早くから書・篆刻で優れた才能を発揮し、世に認められた。食に強いこだわりを持っていた魯山人は、料理にはそれにふさわしい器が必要であるとの考えから、作陶の世界に入っていく。「星岡茶寮」の顧問兼料理人となった魯山人が北鎌倉に窯を設け、本格的な作陶活動を行うのは40歳を過ぎてからのこと                                       であるが、特定の師につくことはなく、古陶磁の研究と自らの見識によって、流派にとらわれない多くの作品を生み出した。闊達自在で創造性に富んだ魯山人の作品は、国内だけでなく海外でも高い評価を得ている。
本展は、世田谷美術館の所蔵作品を中心に、京都国立近代美術館の所蔵作品をあわせて、陶磁器、漆器や書、絵画の107点を展示することによって、魯山人の多彩な芸術世界を紹介した。また、あわせて会場には、出品作品に料理を盛りつけた写真パネルを参考展示した。
会場には陶芸愛好者をはじめ多数の入場者を迎え、改めて魯山人人気の高さをうかがわせた。
会 期2002年9月28日(土)-11月24日(日)
観覧料一般800円(640円)、大高生400円(320円)
※( )内は20名以上の団体割引料金
中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名、県民の日(10月28日)に観覧される方は無料
主 催群馬県立館林美術館
協 力世田谷美術館
関連事業記念講演会「北大路魯山人と陶芸」
10月6日(日) 午前2時~午後3時30分 
場所:当館講堂 申込不要
講師:黒田和哉氏(社団法人 日本陶磁協会 常任理事)

関連講座「工芸の現在を知る」(4回連続)
日時・内容:10月13日(日)漆芸/10月27日(日)染織/11月10日(日)ガラス/11月24日(日)陶芸
いずれも午後2時~3時30分  場所:当館講堂 要申込
ワークショップ 土から“たからもの”
日時:11月3日(日)/11月17日(日)  午後1時30分~午後4時30分(2日間のプログラムです)
場所:当館ワークショップ室
群馬県立館林美術館
〒374-0076 群馬県館林市日向町2003 
tel.0276-72-8188 fax.0276-72-8338 
お問い合わせ  リンク 個人情報の保護について 
© GUNMA MUSEUM OF ART, TATEBAYASHI