群馬県立館林美術館 English   モバイル
メールマガジン   サイトマップ

ホームへのリンク美術館概要へのリンク展示案内へのリンク イベント案内へのリンク施設案内へのリンク利用案内へのリンク アクセスへのリンク

[ 展示案内 ]
過去の展覧会


木でつくる美術

  

木は古来、彫刻、工芸、建築などの立体造形において最もよく使用される素材のひとつであり、その特性を活かした造形は、我々の生活の中に息づいており、なじみの深いものとなっている。そして木の新たな魅力を見いだし制作をする芸術家の仕事は、近年特に注目を集めている。
本展覧会は、木という親しみやすい素材を入り口として、さまざまな芸術表現に触れ親しむ機会を提供することを目的とした。
まず「1 木とわたしたちのくらし」では、木という素材を知るためのパネルや見本展示をおこない、併せて木でつくられたおもちゃ、日用品、小正月のツクリモノなどを展示して、おもに群馬県で慣れ親しまれてきたくらしの中の「木のかたち」を紹介した。
次に、「2 木でえがく」では、平面作品に活かされた木のかたちを探ることとし、「絵と彫刻のあいだ-木のレリーフ」で現代作家によるレリーフ作品を展示し、「木版画のあじわい」では、板目、木口によるさまざまな近現代の木版画を紹介した。
「3 木でつくる」では、さまざまな立体作品を紹介した。「木彫のいま・むかし」では、地元の円空仏から現代作家に至る木彫の数々を展示し、「木との対話から」では、デイヴィッド・ナッシュ、戸谷成雄、岡部玄、深井隆の作品により、木を素材として制作する現代美術作家の仕事を紹介した。
展示にあたっては、岡部玄によるインスタレーション制作をボランティアのサポートのもとに行い、地域の人々に現代美術作家の制作に親しんでいただく機会とした。また、会期中は戸谷成雄によるワークショップや、創作体験コーナー「みんなのアトリエ」を開催し、木という素材に親しみながら造形への関心を高めてもらえるよう努めた。
会 期2004年6月26日(土)-9月5日(日)
観覧料一般400円(320円)、大高生200円(160円)
※( )内は20名以上の団体割引料金
中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
関連行事
  • 制作補助ボランティア募集
    出品作家の岡部玄氏の制作補助ボランティアの募集。
    日時:6月12日(土) 午後2時~3時 オリエンテーション
            6月15日(火)~25日(金) 各日午前10時~午後4時30分
            9月6日(月)~9日(木) 各日午前10時~午後4時30分
            ※1日以上から参加可能
  • 出品作家によるワークショップ
    講師:戸谷成雄氏(彫刻家)
    日時:7月24日(土)、25日(日)
  • 木のいろ、木のあじ、木のにおい~建具職人とあじわう木の魅力
    講師:有賀恵一氏(有賀建具店社長)
    日時:8月7日(土) 午後1時30分~4時30分
  • 美術館観察日記「気になる木」さがし
    講師:当館学芸員
    日時:8月8日(日) 午後1時30分~4時30分
  • 創作体験コーナー「みんなのアトリエ」
    日時:7月22日から8月26日までの毎週木曜日 午後1時30分~4時
    会場:館林美術館ワークショップ室
    料金:ひとり100円(材料費として)
群馬県立館林美術館
〒374-0076 群馬県館林市日向町2003 
tel.0276-72-8188 fax.0276-72-8338 
お問い合わせ  リンク 個人情報の保護について 
© GUNMA MUSEUM OF ART, TATEBAYASHI