群馬県立館林美術館 English   モバイル
メールマガジン   サイトマップ

ホームへのリンク美術館概要へのリンク展示案内へのリンク イベント案内へのリンク施設案内へのリンク利用案内へのリンク アクセスへのリンク

[ 展示案内 ]
過去の展覧会


ハンス・アルプ展
-20世紀彫刻の開拓者-
    ハンス(ジャン)・アルプ(1886-1966)は、丸みを帯びた優しい「有機的形態」を生み出した、20世紀彫刻のパイオニアです。ドイツ語とフランス語を自在に操る詩人でもあったアルプは、自らの詩作法を応用し、斬新な造形作品を生み出しました。ドイツ領アルザス地方のシュトラースブルク(現在のフランス領ストラスブール)に生まれたアルプが、ダダやシュルレアリスムなどの国際的な美術運動に参加する中で、作風を変化させて行った歩みを彫刻、レリーフ、油彩等によって紹介しました。
会 期 2005年9月11日(日)-11月27日(日)
観覧料 一般800円(640円)、大高生400円(320円)
※( )内は20名以上の団体割引料金
中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名、
及び県民の日(10月28日)に観覧される方は無料
主 催 群馬県立館林美術館/東京新聞
共 催 アルプ美術館(バーンホフ・ローランズエック)
後 援 ドイツ連邦共和国大使館/ドイツ連邦共和国大阪総領事館
協 力 全日本空輸株式会社/日本貨物航空株式会社
関連事業
  • アルプ美術館学芸員による作品解説会
       「有機的形態」創造の過程-ハンス・アルプの人生と作品

       日時:9月11日(日) 午後2時~3時30分 
       講師:アストリット・フォン・アステン氏 (アルプ美術館学芸員)
  • 美術講座「「ドイツ美術」がわかる!」
       展覧会開催に合わせ、専門家を招いて行いました。(全3回)
       各日とも午後2時~3時30分
       第一回:「17世紀まで:中近世のドイツ美術-デューラーを中心に-」
       講師:秋山聰氏(東京学芸大学助教授)
       10月2日(日)
       第二回:「18-19世紀:「新」古典主義とロマン主義
       -ヴィンケルマン周辺とフリードリヒを中心に-」

       講師:大原まゆみ氏(明治学院大学教授)
       10月30日(日)
       第三回:「20世紀:ドイツ表現主義と新表現主義
       -「ドイツ的」なる美術とは?-」

       講師:宮下誠氏(國學院大学教授)
       11月13日(日)
  • 当館学芸員による作品解説会
       日時:9月21日(水)、11月3日(木・祝)
               各日とも午後2時~3時
       申込み不要、要観覧料
  • 子どもギャラリートーク
       日時:毎週土曜日(他の事業と重なる場合は休止)
               各日午後2時~2時30分
       申込み不要、要観覧料
  • GMAT探検隊 「美術館ウォッチング」
       日時:11/12(土)  午後1時30分~4時
       定員:15名 (先着順)
       対象:小学3年生~一般(小学3年生以下は保護者同伴)
  • 版画ワークショップ 「シルクスクリーン-2色刷に挑戦-」
       日時:10/8(土) 午後1時~4時30分
               10/9(日) 午前10時~午後4時30分
               ※2日間連続
       講師:小山愛人(こやまあびと)氏 (版画家・創形美術学校講師)
               鈴木吐志哉氏 (版画家・創形美術学校講師)
               浅野慶氏 (創形美術学校研究科生)
       定員:15名 (先着順)
       参加費:2000円+観覧券
       対象:小学3年生~一般(小学3年生以下は保護者同伴)
群馬県立館林美術館
〒374-0076 群馬県館林市日向町2003 
tel.0276-72-8188 fax.0276-72-8338 
お問い合わせ  リンク 個人情報の保護について 
© GUNMA MUSEUM OF ART, TATEBAYASHI