群馬県立館林美術館 English   モバイル
メールマガジン   サイトマップ

ホームへのリンク美術館概要へのリンク展示案内へのリンク イベント案内へのリンク施設案内へのリンク利用案内へのリンク アクセスへのリンク

[ 展示案内 ]
過去の展覧会

ピエール=オーギュスト・ルノワール
《読書するふたり》  1877年
館林でみる
-群馬県立近代美術館名品展-
ピエール=オーギュスト・ルノワール《読書するふたり》
群馬県立近代美術館の改修工事による一時休館にともない、同館のコレクション作品を紹介する特別展示を行った。
近代美術館では1974年の開館以来、30年以上にわたり作品収集を行っており、本展では、1,700点にのぼるコレクションより約270点の作品を、5つのセクションに分けて紹介した。
「I.西洋の近代美術」では、ルノワール、モネ、ピカソなどの油彩画、ゴヤ、ルドン、ムンクなどの版画、「II.日本の近代美術」では、岸田劉生、佐伯祐三、安井曾太郎など日本近代の洋画および湯浅一郎、山口薫、福沢一郎、鶴岡政男ら、群馬ゆかりの画家の代表作、「III.墨絵の世界」では、国指定重要文化財の伝蛇足《山水図》や尾形光琳ら、戸方庵井上コレクションを中心とした水墨画、「IV.染織-伝統の技と美-」では、志村ふくみ、北村武資ら、人間国宝の染めと織り、「V.ファイバー・ワーク」では、小林正和、礒辺晴美ら、現代の繊維の造形を紹介した。また本展にあわせて「展覧会を楽しむガイド」を作成した。
ガイドでは、館林美術館学芸員が1人1点を紹介する「キュレーターズ・アイ」、本展ができるまでの「展覧会の裏方」、1974年から現在までの「群馬県の美術館とコレクションの歴史」、館長コラム「美術館とコレクション」を掲載し、展覧会と美術館の収集活動について理解を深めてもらう資料として来館者に配付した。
会 期 2006年12月9日(土)-2007年4月1日(日)
観覧料 一般200円(160円)、大高生100円(80円)
※( )内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
主 催 群馬県立館林美術館
関連事業
  • サンデー・ギャラリートーク
       日時:特別展示期間中の第2・第4日曜日(他の事業と重なる場合は休止)
               12月10日、12月24日、2月11日、2月25日、3月11日、3月25日
               各日とも午後2時~2時30分
       申込不要、要観覧料
  • 子どもギャラリートーク
       日時:毎土曜日に開催・他の事業と重なる場合は休止
                12月9日、12月23日、1月6日、1月13日、1月27日、2月3日、2月10日、
                2月17日、2月24日、3月3日、3月10日、3月17日、3月24日、3月31日
               各日午後2時~2時30分
       申込不要、無料
展覧会
開催中
の事業
  • 美術講座  展示作品をめぐって
    展示中の作品を取り上げ、作家の活動した時代や美術の状況について当館学芸員が紹介します。
       日程:1月14日(日)  「墨絵の世界」
               1月28日(日)  「福沢一郎《怖るべき子供》」
               2月4日(日)  「モネ《睡蓮》」
               2月18日(日)  「ルドンの版画」
               3月4日(日)  「マチス《ジャズ》」
       時間:午後2時~3時30分
       定員:130名(先着順)
       参加費:無料
  • ハクチョウ観察隊♪ハクチョウノミズウミ♪
       日時:12月16日(土)・17日(日) 各日午前10時~午後4時
                ※両日とも同内容です
       定員:20名(先着順)
       対象:小学生~一般 ※小学3年生以下の方は保護者同伴
       参加費:無料
       
  • 版画ワークショップ
       「黒と白の宇宙-メゾチントによる銅版画制作」

       日時:2007年1月20日(土) 午後1時~4時30分
                             21日(日) 午前10時~午後4時30分
       定員:20名(先着順)
       対象:中学生~一般
       参加費:2,000円
群馬県立館林美術館
〒374-0076 群馬県館林市日向町2003 
tel.0276-72-8188 fax.0276-72-8338 
お問い合わせ  リンク 個人情報の保護について 
© GUNMA MUSEUM OF ART, TATEBAYASHI