群馬県立館林美術館 English   モバイル
メールマガジン   サイトマップ

ホームへのリンク美術館概要へのリンク展示案内へのリンク イベント案内へのリンク施設案内へのリンク利用案内へのリンク アクセスへのリンク

[ 展示案内 ]
過去の展覧会

国吉康雄(1889-1953)-アメリカンドリームの光と影-
福武コレクションによる絵画・版画・素描・写真
 
  国吉康雄は岡山県に生まれて少年時代に渡米し、アメリカで働きながら美術の勉強を始め、最終的にはアメリカを代表する画家の一人とみなされるまでになった美術家です。海外で成功をおさめた画家として、パリで活動した藤田嗣治(1886-1986)と双璧といえる存在で、まさにアメリカンドリームを体現した日本人であると言うことができます。現代でいえば美術界の野茂やイチローのような存在と言えるでしょうか。
  国吉は油彩画を中心に、テンペラの一種であるカゼインや、エッチング、リトグラフ(石版、亜鉛板)などの版画、インクや鉛筆による素描など、幅広い技法の作品を手がけました。憂愁をただよわせる女性像や牛(国吉は丑年でした)、ピエロなど道化のイメージが、その作品には頻繁に現れます。他にも風景や静物など、多くの画題を手がけた国吉ですが、作品の色彩や全体の雰囲気は、必ずしも明るいものではありません。
  こうした傾向は国吉の作品に終生一貫しているといっても良く、安易にその理由を求めることはできませんが、第二次世界大戦が勃発した際に、敵国である日本国籍を持つ存在としてアメリカに暮らしていたことは、国吉の人生を間違いなく複雑なものとしています。成功という光と戦争という影。この二つがアメリカで暮らす日本人画家である国吉の人生には、絶えずつきまとったことでしょう。
  福武コレクションによる名品150点以上をご覧いただくことで、その色彩・画肌の魅力に目をゆだねながら、国吉の人生をたどっていただけたことと思います。美術鑑賞や思索にふさわしい秋の季節に日本人とは何か、アメリカとは何か、戦争とは何かなどを考える貴重な機会にもなったのではないでしょうか。
  本展では、群馬県立近代美術館所蔵の国吉康雄作品もあわせて展示し、国吉と同時代にアメリカで活動した群馬県中之条町出身の画家・トーマス永井(1886-1966)の作品も紹介しました。
  なお国吉は、生活のために友人の美術作品を撮影したことからはじまって、後にドイツの小型カメラ、ライカによる写真制作も行うようになり、1930年代末に撮影したものが福武コレクションに数多く含まれています。その写真は優れた造形感覚による形態的魅力と同時代の美術家たちや当時の風俗をしのばせる風景などの被写体の魅力を兼ね備えたものです。今回は66点というまとまった点数を前後期に分けて展示しました。
  また群馬県立近代美術館の所蔵品から、国吉作品だけでなく、国吉と交流の深かったジュール・パスキン(1885-1930)や仲田好江(1902-1995)の作品もご紹介しました。その他にジャクソン・ポロック(1912-1956)の師でもあるトーマス・ハート・ベントン(1889-1975)に学び、国吉と同時代にアメリカで活動した群馬県中之条町出身の画家、トーマス永井(1886-1966)が描いた県内に所蔵されている作品も展示しました。

岡山県立美術館ホームページは↓から。(別ウィンドウが開きます)
岡山県立美術館バナー
会 期 2008年9月13日(土)-11月30日(日)
前期:9月13日(土)-10月19日(日)/後期:10月22日(水)-11月30日(日)
※版画、素描、写真をすべて展示替えします。
観覧料 一般800円(640円)、大高生400円(320円)
※( ) 内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名、および県民の日(10月28日)に観覧される方は無料
主 催 群馬県立館林美術館
特別協力 福武總一郎氏、岡山県立美術館
関連事業
  • 学芸員による作品解説会
       日 程: 9月24日(水)、10月12日(日)、11月1日(土)、27日(木)
       時 間:各日とも午後2時~2時45分
       申込不要、要観覧料
  • 子どもギャラリートーク
       開館日の毎土曜日に開催(他の事業と重なる場合は休止)
       日 程: 9月20日、10月4日、11日、18日、11月8日、15日、29日
       時 間: 午後2時~2時30分
       申込不要、無料
  • 記念講演会 「福武コレクションから考える国吉康雄」
       日 程: 9月21日(日)
       時 間: 午後2時~3時30分(開場は1時30分)
       講 師: 廣瀬就久氏(岡山県立美術館学芸員)
       場 所: 群馬県立館林美術館 講堂
  • 美術講座  「国吉康雄とアメリカ美術」【全5回】
       日 程:第1回 10月19日(日)
                   「知られざる滞米日本人画家たち-トーマス永井を中心に-」
                    講師 :岡部昌幸氏(帝京大学准教授)
                  第2回 10月26日(日)
                   「20世紀初頭のアメリカ写真-ビクトリアリズムからフォトセセッションへ-」
                    講師:藤村里美氏(東京都写真美術館学芸員)
                  第3回 11月9日(日)
                    「20世紀前半のアメリカ写真-ソーシャル・ドキュメンタリーを中心に-」
                    講師:鈴木佳子氏(東京都写真美術館学芸員)
                  第4回 11月16日(日)
                    「国吉康雄と同時代のアメリカ版画」
                    講師:高木幸枝氏(町田市立国際版画美術館学芸員)
                  第5回 11月23日(日)
                    「国吉後のアメリカ美術-ジャクソン・ポロックと抽象表現主義-」
                    講師:藤枝晃雄氏(美術評論家)
       時 間: 各日午後2時~午後3時30分
       場 所: 群馬県立館林美術館 講堂
       対 象: 一般
       定 員: 130名(先着順)
       申込不要、無料
展覧会
開催中
の事業
  • ワークショップ
      美術鑑賞法レクチャー「美術史学入門-作品の見方いろいろ-」

       日 時: 11月3日(月・祝)  午後2時~4時(予定)
       講 師: 中田宏明(当館学芸員)
       場 所: 群馬県立館林美術館 研修室 他
       対 象: 一般
       定 員: 20名(予定)(先着順)
       参加費: 無料(要観覧券)
  • ミュージアム・オリエンテーリング  「建築ツアー」
       日 時: 11月9日(日)  午後1時30分~午後4時
       講 師: 松下由里(当館学芸員)
       場 所: 群馬県立館林美術館
       対 象: 小学4年生~一般
       定 員: 15名(先着順)
       参加費: 無料
群馬県立館林美術館
〒374-0076 群馬県館林市日向町2003 
tel.0276-72-8188 fax.0276-72-8338 
お問い合わせ  リンク 個人情報の保護について 
© GUNMA MUSEUM OF ART, TATEBAYASHI