群馬県立館林美術館 English   モバイル
メールマガジン   サイトマップ

ホームへのリンク美術館概要へのリンク展示案内へのリンク イベント案内へのリンク施設案内へのリンク利用案内へのリンク アクセスへのリンク

[ 展示案内 ]
過去の展覧会


企画展示 エコ&アート
-アートを通して地球環境を考える-近くから遠くへ
 
 平田五郎
《Inside Passage-The
 Raven Steals The Light 
月を盗んだワタリガラス》
 平田五郎
 《Inside Passage-The Raven Steals The Light  月を盗んだワタリガラス》
 2005年 発色現像方式印画
 石川直樹《THE VOID》
石川直樹 《THE VOID》 2005年
発色現像方式印画
 
 篠原誠司《多々良を踏む》        
 篠原誠司 《多々良を踏む》 2008年
 インクジェットプリント
 
 國府理《typical biosphere》         
 國府理 《typical biosphere》 2009年
 鉄、ポリカーボネート板、土、
 樹木、芝生ほか
 高谷史郎
《Camera Lucida/Snow Crystal》
高谷史郎
《Camera Lucida/Snow Crystal》
2005年 映像インスタレーション
  三分一博志
《犬島アートプロジェクト「精錬所」》
   三分一博志
   《犬島アートプロジェクト「精錬所」》 2008年
 
 
 ニルス=ウド
《水の家/トウヒの幹、白樺の枝、柳の小枝、芝の植栽》
 ニルス=ウド
 《水の家/トウヒの幹、白樺の枝、柳の小枝、芝の植栽》
 ゼラチン・シルバー・プリント(全8点) 1982年
 群馬県立館林美術館蔵
 
 サウンドバム 《世界の音を聴こう!》
 2009年群馬県立館林美術での展示風景
 制作協力:日本科学未来館
日比野克彦 展示風景 《DNA PLAIN》、
《POSITION》、《DNA RIVER》
日比野克彦  展示風景 《DNA PLAIN》 2009年 段ボール、紙
/《POSITION》 2009年 テント/
《DNA RIVER》 2006年 段ボール、紙
 
  現代社会が直面する大きな課題であるエコロジー。現在、私たちは日々「エコ」という言葉を耳にし、「環境に配慮していること」が当然のように求められる社会に生きています。
  しかし歴史を振り返ると、「エコロジー」とは、人間を含む全ての生物をひとつの大きなシステムのなかに位置づける「生態学」を指す言葉として、19世紀後半に誕生したものです。この頃すでに酸性雨など工業化による環境への影響が指摘されていたものの、今日、一般にエコロジーが意味する「環境保全」に対して社会の関心が高まるのは、1960年代になってからのことです。
  美術の分野では、60年代の終わりから、自然のなかへと制作活動の領域を広げる「アースワーク」の動きが欧米を中心に起こります。学生運動や市民運動が盛んになった70年代には、ドイツのアーティスト、ヨーゼフ・ボイスが「緑の党」の創設に関わり、7000本の樫の木を植えるプロジェクトを行うなど、政治、経済を含めた視野から人間の自由と創造の営みのためのエコロジーを訴えました。80~90年代には、経済のグローバリゼーションが進むなか、環境問題への世界的な取り組みがはじまり、美術においても、自然と人間を取り巻くあらゆる環境について、21世紀を見据えた様々な考察が重ねられます。
  2001年に開館した当館は、この今世紀的な課題につながる「自然と人間」をテーマとして活動を行っています。また例年、夏の国内最高気温を競う館林において、気候変動は身近に迫る問題となっています。当館を会場とする本展は、アートを通して多角的に地球環境について考えようとする試みです。大地を自らの足で歩むアーティスト、地球の時空間の様相をとらえるアーティスト、そして比類なき想像力によって未来の地球像をイメージするアーティストなど、15人のアーティストをとりあげ、地球環境に向き合う上で多様な示唆を与えてくれるその表現を、第1章「館林-群馬…世界を歩く」、第2章「地球の時空間」、第3章「未来の地球へ」という構成によりご紹介しました。
  さらに本展は、「近くから遠くへ」と視界を広げることをサブテーマとしました。アーティストたちの作品を通して、館林という場所から世界へ、身近な自然から地球上の遠くの自然あるいは人間という存在へ、そして過去の地球の姿から未来へと想像力を働かせることが、エコロジーについて考える一つのきっかけとなったことでしょう。

《展示作家》(15名) 詳細はこちらをご覧ください。
第1章:篠原誠司、石川直樹、平田五郎、リチャード・ロング、リチャード・ミズラック
第2章:ロバート・スミッソッン、ニルス=ウド、高谷史郎、野村仁、ヨーゼフ・ボイス、バックミンスター・フラー
第3章:國府理(こくふ・おさむ)、三分一博志(さんぶいち・ひろし)、サウンドバム、日比野克彦
会   期 2009年7月4日(土)-9月23日(水・祝)
観覧料 一般500円(400円)、大高生250円(200円)
※( ) 内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
主   催 群馬県立館林美術館
助   成 芸術文化振興基金
協   力 THE NORTH FACE
関連事業
  • エコ&アート展関連ワ-クショップ
       「日比野克彦ワークショップ DNA PLAIN(ディーエヌエー・プレーン)」
   講 師: 日比野克彦氏
   日 程: 6月29日(月)、30日(火) ※1日のみの参加も可能
   時 間: 各日とも午前10時~午後4時
   対 象: 幼児~一般 ※小学3年生以下は保護者同伴
   場 所: 群馬県立館林美術館 展示室1
   その他: このワークショップは企画展会期前の活動です。
               室内の作業ですが、よごれてもよい服装と靴でお越し下さい。
               昼食と飲み物は各自ご用意ください。

<日比野克彦 展示風景 《DNA PLAIN》《POSITION》《DNA RIVER》>

 
2009年7月6日                                                           2009年8月16日
  • エコ&アート展関連ワークショップ
       「日比野克彦トーク&ワークショップ」

       講 師: 日比野克彦氏
       日 程: 7月29日(水)
       時 間: 午前11時~午後4時
       対 象: 幼児~一般 ※小学3年生以下は保護者同伴

    竜巻募金 <募金のご報告>
       参加者101名による竜巻募金を2009年7月31日に市役所に届けました。
       発起人の 日比野克彦さんと参加者の皆様のご協力に感謝するとともに、
       災害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
  • アーティスト・トーク
       出品作家によるアーティスト・トークを行います。

       日 程: 7月4日(土) 高谷史郎、國府理
                   8月2日(日) 篠原誠司×川島健二(民俗学研究家)
                   8月30日(日) 平田五郎
                   9月13日(日) サウンドバム
                   9月23日(水・祝) 石川直樹
       時 間: 各日午後2時~

   申込不要、要観覧料
  • 学芸員による作品解説会
       展示室で解説を聞きながら作品を鑑賞します。

       日 程: 7月16日(木)、7月25日(土)、8月7日(金)、8月16日(日)、
                   8月19日(水)、8月29日(土)、9月22日(火)
       時 間: 各日とも午後2時~2時30分
  • 子どもギャラリートーク(小中学生対象)
       展示室で学芸員のお話を聞きながら作品を鑑賞します。

       小学校低学年向け  開館日の第1・3・5土曜日
       小学校高学年・中学生向け  開館日の第2・4土曜日
       時 間: 各日午後2時~2時30分
       申込不要、無料
展覧会
開催中
の事業
  • みんなのアトリエ「多版木版画摺り体験」
       ワークショップ室で浮世絵木版画の実演と、摺りの体験ができます。

       日 程: 7月23日、7月30日、8月6日、8月13日、8月20日、8月27日
                   (全て木曜日)
       時 間: 午後1時30分~4時
                   【実演】午後1時30分
                   【体験】午後2時~4時
                   ※自由な時間に参加できます。
       場 所: 群馬県立館林美術館 別館ワークショップ室
       対 象: 幼児~一般
       参加費: 実演見学:無料、摺り体験参加費:100円
群馬県立館林美術館
〒374-0076 群馬県館林市日向町2003 
tel.0276-72-8188 fax.0276-72-8338 
お問い合わせ  リンク 個人情報の保護について 
© GUNMA MUSEUM OF ART, TATEBAYASHI