群馬県立館林美術館 English   モバイル
メールマガジン   サイトマップ

ホームへのリンク美術館概要へのリンク展示案内へのリンク イベント案内へのリンク施設案内へのリンク利用案内へのリンク アクセスへのリンク

[ 展示案内 ]
過去の展覧会

企画展示 小室翠雲-館林に生まれ近代南画の大家に-
  日本画家・小室翠雲(こむろ・すいうん)は明治7年、当時は栃木県であった現在の群馬県館林市に、呉服商を営む父・小室牧三郎と母・ふきの長男として生まれました。本名を貞治郎と言います。 10代後半には足利の南画家・田崎草雲(1815-1898)に学んで頭角を現し、草雲の父の号だった「翠雲」を与えられました。
 翠雲が当時主に学んだのは中国の文人画に由来する日本の「南画」であり、翠雲の生きた時代、南画に対する社会の風向きは必ずしも良い時ばかりではありませんでしたが、南画家として徐々に日本中に知られる存在となり、時代を代表する日本画家の一人にまでなってゆきます。
  30歳を超えるころから日本美術協会への出品などにより、全国的名声を高め、文展に反対する正派同志会副幹事長としての活動を経て、文展審査員に選ばれました。1921(大正10)年には朝鮮・中国への旅行に加えて、同年結成された日本南画院への参加を請われます。同院に参加した後は主要なメンバーとしてかつやくしました。
  なお1917(大正6)年ごろから長興山荘という箱根の別荘を使い、これにちなんで「長興山人」などと号していましたが、1939(昭和14)年には熱海に「佳麗庵」という新しい山荘を新築し、晩年には作品にもその名が記されることが多くなりました。
  1944(昭和19)年、翠雲は帝室技芸員に選ばれる大変な栄誉を得ています。ところが終戦の年である翌昭和20年に亡くなったこともあり、生前の名声に比べて現在では知る人が少なくなっているのも事実です。そうしたなか、翠雲の生まれ故郷館林に位置する当館に、全国から名作が集まりました。日本近代絵画史に足跡が深く刻まれたこの画家の業績をふりかえる、これまでにない大規模な回顧展となりました。 
会期 2010年4月24日(土)-6月6日(日)
前期:4月24日(土)-5月16日(日)/後期:5月18日(火)-6月6日(日)
観覧料 一般800円(640円)、大高生400円(320円)
※( ) 内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
主催 群馬県立館林美術館
関連事業
  • 記念講演会「谷文晃と渡辺崋山-田崎草雲・小室翠雲の尊敬と憧憬-」
       日程:5月2日(日)
       講師:河野元昭氏(東京大学名誉教授)
       場所:群馬県立館林美術館 講堂
       時間:午後2時-3時30分
       定員:130名
       対象:一般
       申込不要、無料
  • 学芸員による作品解説会
       展示室で解説を聞きながら作品を鑑賞します。

       日程:4月29日(木・祝)、5月9日(日)、5月19日(水)、5月29日(土)、
                  6月1日(火)
       時間:各日とも午後2時-2時30分
       申込不要、要観覧券
展覧会
開催中
の事業
  • たてび木曜レクチャー 「西洋美術の巨匠たち」 
      日程:5月13日(木) 「ドナテッロ」
               5月20日(木) 「ミケランジェロ」
               5月27日(木) 「ジャンポローニャ」
               6月3日(木) 「カラヴァッジオ」
       時間: 午後2時-午後3時(開場は午後1時30分)
       講師:当館学芸員
       対象: 一般
       申込不要、無料
  • 子どもギャラリートーク (小中学生対象)
       展示室で学芸員のお話を聞きながら作品を鑑賞します。

       小学校低学年向け  開館日の第1・3・5土曜日
       小学校高学年・中学生向け  開館日の第2・4土曜日
       時 間: 各日午後2時-2時30分
       申込不要、無料
  • 教職員のための模擬授業
       日時:4月27日(火) 午後4時-5時
       要申込
展示案内トップへ   これまでに開催した展覧会へ 

Copyright(c)  GUNMA MUSEUM OF ART, TATEBAYASHI