群馬県立館林美術館 English   モバイル
メールマガジン   サイトマップ

ホームへのリンク美術館概要へのリンク展示案内へのリンク イベント案内へのリンク施設案内へのリンク利用案内へのリンク アクセスへのリンク

[ 展示案内 ]
過去の展覧会

生誕100年 南桂子展
生誕100年を記念して、銅版画家・南桂子(1911-2004)の画業を多彩な視点から紹介した。
現在の富山県高岡市に生まれた南桂子は戦後まもなく上京、壺井栄から童話を学ぶ一方、洋画家・森芳雄に師事して油彩画を描く。森のアトリエで、後に夫となる銅版画家・浜口陽三と出会い、銅版画のおもしろさを知る。
1954年に浜口とフランスに渡った南は本格的に銅版画の制作を始め、以後28年間をパリで、1982年から14年をアメリカで過ごした。作品は、少女、木、鳥をモチーフとした繊細で物語性に富んだ独特の世界観で貫かれ、だれからも親しまれるその作風は、かつてユニセフのグリーティングカードに採用されたばかりでなく、近年では国内の若い世代からも支持を集めている。
当館は、南桂子の銅版画作品235点を所蔵するが、この展覧会は、当館にない初期の油彩画や銅版画の原版、素描を加えて制作の工夫やプロセスにも新たに焦点を当て、各関係者との共同研究によってその画業をこれまでになく大規模に紹介した。

展覧会チラシ(PDF1.89MB)


会期 2011年12月10日(土)-2012年4月8日(日)
前期:12月10日(土)-2月12日(日)/ 後期:2月16日(木)-4月8日(日)  ※一部作品の展示替えをいたします。
観覧料 一般500円(400円)、大高生250円(200円)
※( ) 内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料。
※震災で避難されてきた方は無料で観覧できますので、受付でお申し出ください。
主催 群馬県立館林美術館
後援 NHK前橋放送局
企画運営  財団法人NHKサービスセンター
企画協力 ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
協力  NHKエデュケーショナル
会期中
の事業
  • 講演会「南桂子-銅版画の魅力」(申込不要・聴講無料)

    日程: 12月11日(日)
    時間: 午後2時-3時30分
    講師: 瀬尾 千秋(せお・ちあき)氏(高岡市美術館学芸員)
    場所: 群馬県立館林美術館 講堂

  • 銅版画技法体験ワークショップ「南桂子の線のひみつ」 (要申込・要参加費)

    日程: 2012年3月4日(日)
    時間: 午前10時-午後4時
    講師: 白井 四子男(しらい・よしお)氏(白井版画工房・摺師)
    対象: 中学生~一般
    定員: 20名(先着順)
    参加費: 1,000円(材料費)
    場所: 群馬県立館林美術館 別館・ワークショップ室
    募集開始:12月10日(土)
      
  • 学芸員による作品解説会 (申込不要・要観覧料)
    展示室で学芸員の解説を聞きながら作品を鑑賞します。

    日程: 2011年 12月16日(金)、2012年1月7日(土)、2月19日(日)、
         3月7日(水)、3月22日(木)
    時間: 各日午後2時-2時30分
    場所: 群馬県立館林美術館 展示室

  • 子どもギャラリートーク(小中学生対象) (申込不要、無料)
    展示室で学芸員のお話を聞きながら作品を鑑賞します。

    日程: 展覧会開催中の毎週土曜日
    時間: 各日午後2時-2時30分
    場所: 群馬県立館林美術館 展示室
  • 教職員のための模擬授業 (要申込・参加無料)
    日程: 2012年1月13日(金)
    時間: 午後4時-5時
    場所: 群馬県立館林美術館 展示室

  • たてび木曜レクチャー
    「近現代美術の巨匠たち-コレクションより」
     (申込不要・聴講無料)

    日程: 2012年1月12日 (木)「フランソワ・ポンポン」
             1月19日(木) 「ヘンリ-・ムーア」
             1月23日(木) 「カール・ブロスフェルト」
             2月2日(木) 「鶴岡政男」
             2月9日(木) 「南桂子」
    講師: 当館学芸員
    時間: 各日とも午後2時-3時
    場所: 群馬県立館林美術館 講堂

群馬県立館林美術館
〒374-0076 群馬県館林市日向町2003 
tel.0276-72-8188 fax.0276-72-8338 
お問い合わせ  リンク 個人情報の保護について 
© GUNMA MUSEUM OF ART, TATEBAYASHI