群馬県立館林美術館 English   モバイル
メールマガジン   サイトマップ

ホームへのリンク美術館概要へのリンク展示案内へのリンク イベント案内へのリンク施設案内へのリンク利用案内へのリンク アクセスへのリンク

[ 展示案内 ]
過去の展覧会

鹿島茂コレクション バルビエ×ラブルール展

フランス文学者の鹿島茂氏は、フランスの文学や歴史、また日仏の文化に関する幅広い執筆活動のみならず、約5万冊という膨大な数の西洋古書・版画を所蔵するコレクターとしても知られています。本展は、鹿島氏愛蔵のコレクションより、20世紀初頭のフランスで活躍した2人のイラストレーター、ジョルジュ・バルビエ(George Barbier, 1882-1932)とジャン=エミール・ラブルール(Jean-Émile Laboureur, 1877-1943)を紹介しました。

二つの大戦間にあたる1920年代、フランスはバブル景気に沸き、モードや建築、出版業界に華やいだ空気が広がります。「アール・デコ」と呼ばれるこのモダンな時代の美をヴィヴィッドに映し出した一つの分野がグラフィック・アートでした。そのイラストレーターの中で、今回ご紹介するバルビエは、モード雑誌や文学の挿絵、舞台装飾まで手がけ、優美な色彩により一世を風靡、一方のラブルールは、都会の風景や人間像をシャープな線描によってクールでドライに描いて人気を博しました。

対照的なスタイルの両者ですが、実はどちらもフランス西部の町ナントに生まれ、同地の慧眼なる共通
のコレクターに見出されて才能を開花させた、アール・デコのモダンを語る上で欠かせない芸術家であった
ということが、本展を通してご覧頂けたのではないでしょうか。

展覧会チラシ(PDF2.44MB)


鹿島茂氏プロフィール
1949年、神奈川県横浜市生まれ。東京大学大学院人文科学研究博士課程修了。1991年『馬車が買いたい!』でサントリー学芸賞、96年『子供より古書が大事と思いたい』で講談社エッセイ賞、99年『愛書狂』でゲスナ―賞、2000年『職業別パリ風俗』で読売文学賞を受賞、他著作多数。共立女子大学教授を経て、2008年より明治大学国際日本学部教授。専門は19世紀フランス文学。
 
会期 2013年4月27日(土)-6月30日(日)
観覧料 一般600円(480円)、大高生300円(240円)
※( ) 内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料。
※震災で避難されてきた方は無料で観覧できますので、受付でお申し出ください。
主催 群馬県立館林美術館/読売新聞社/美術館連絡協議会
後援 フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協賛 ライオン/清水建設/大日本印刷/損保ジャパン/日本テレビ放送網
協力 練馬区立美術館/ノエマ/群馬日仏協会/プリオコーポレーション
会期中
の事業
  • 鹿島茂氏によるギャラリートーク「アール・デコの挿絵本、あるいは絶滅した恐竜」
     (申込不要・要観覧料)
    鹿島茂氏をお招きし、展示室にてジョルジュ・バルビエ、ジャン=エミール・ラブルールの作品の魅力やアール・デコ時代の挿絵本について、お話を伺います。

    日時:5/26(日) 午後2時-3時
    会場: 群馬県立館林美術館 展示室
  • トーク&カフェ
    「クレールさんに聞く、フランス・ナントの町あれこれ」
     (要申込・要参加費)
    ジョルジュ・バルビエとジャン=エミール・ラブルールの生まれたフランス、ナント出身の亀山クレールさんを講師にお招きます。クレールさんお手製のケーキを味わいながら、ナントの町の歴史や文化についてお話をしていただきます。

    日時:5/19(日) 午後2時-3時30分
    講師:亀山クレール氏(アトリエ「Petite Usine」講師、グラフィックデザイナー)
    参加費:300円(ナント伝統の自家製ケーキ・飲み物つき)
    会場: 群馬県立館林美術館 別館ワークショップ室
  • ヴァイオリン・コンサート (申込不要・無料)
    展覧会を記念し、成田達輝氏を奏者に招いたヴァイオリンによるコンサートを開催します。

    日時: 4月29日(月・祝) 午後1時より
    会場:群馬県立館林美術館 エントランス
    ヴァイオリン:成田達輝氏(2012年エリザベート王妃国際コンクール第2位)
    ピアノ:テオ・フシュヌレ氏
  • 学芸員による作品解説会 (申込不要・要観覧料)
    展覧会担当学芸員による解説を聞きながら、作品を鑑賞します。

    日時:5/2(木)、5/14(火)、6/15(土)、6/23(日) 各日午後2時-2時30分
    場所: 群馬県立館林美術館 展示室
  • 子どもギャラリートーク (小中学生対象・申込不要・参加無料)
    美術館スタッフとお話やゲームをしながら、楽しく作品を鑑賞します。

    日時:5/18(土)、6/8(土) 各日午後2時-2時30分
    場所: 群馬県立館林美術館 展示室
  • 教職員のための模擬授業 (教職員対象・要申込・参加無料)
    教職員に向けた事業です。展示作品の解説や、展示室を使った鑑賞授業の提案をします。

    日時:5/10(金) 午後4時-5時
    場所: 群馬県立館林美術館 展示室
  • ポンポン・ツアー (申込不要・参加無料・参加記念品あり)
    当館人気のフランソワ・ポンポンの彫刻や公開資料を学芸員の詳しい解説付きでご覧頂くスペシャル・ツアーです。展示室や別館「彫刻家のアトリエ」をまわりながら、ポンポンの知られざる秘密に迫ります。

    日時: 6/2(日) 午後2時-2時30分
    場所: 群馬県立館林美術館 別館「彫刻家のアトリエ」
群馬県立館林美術館
〒374-0076 群馬県館林市日向町2003 
tel.0276-72-8188 fax.0276-72-8338 
お問い合わせ  リンク 個人情報の保護について 
© GUNMA MUSEUM OF ART, TATEBAYASHI