群馬県立館林美術館 English   モバイル
メールマガジン   サイトマップ

ホームへのリンク美術館概要へのリンク展示案内へのリンク イベント案内へのリンク施設案内へのリンク利用案内へのリンク アクセスへのリンク

[ 展示案内 ]
次回開催予定

デンマーク・デザイン展
 両大戦間期と言われる1920~30年代のフランスでは、美術や、ファッション、宝飾、家具などの装飾に新しい美意識が生まれました。本展は、「アール・デコ」と呼ばれるこの時代の装飾スタイルにおける新しい時代感覚すなわち「モダン」の源の一つとして、「エキゾティック」な要素に着目したものです。
 20世紀初め、ファッションに革命をおこしたポール・ポワレによる中近東やアジアを着想源とした衣服、1922年のツタンカーメン王墓の発見を機とするエジプトブームを反映したジュエリー、漆芸家の菅原精造に学んだジャン・デュナンの工芸品、あるいは東洋に倣った陶磁器など、アール・デコの作品では形、素材、技術の面において、非ヨーロッパ圏の芸術を応用した作例が見出されます。
 この時代の異国は、夢見るものから自ら赴く場所へと変化していました。シトロエンによるアフリカ縦断・アジア横断クルージング、植民地での美術学校創設、留学奨励などにより現地に取材した芸術家たちが、ダイナミックな絵画、彫刻を生み出します。パリでは、アメリカの黒人歌手・ダンサーのジョセフィン・ベイカーの活躍や、1931年の「国際植民地博覧会」開催、珍しい動物がもたらされた動物園の人気など、エキゾティックで活力あるシーンが都市を賑わせました。
 本展では、フランス所蔵の国内初公開作品を含む、衣装、ジュエリー、家具や工芸品、雑誌・ポスター、彫刻、絵画など、国内外の作品約90点を通して、アール・デコにおける異境への眼差しを見ていきます。
ヴァン クリーフ & アーペル
《エジプト風ブローチ》1925年、
《エジプト風ブレスレット》1924年
ヴァン クリーフ&アーペル蔵 ©Van Cleef & Arpels
ジョルジュ・バルビエ
「素晴らしい人:ウォルトのイブニング・ドレス」
『ガゼット・デュ・ボン・トン』より 1924-25年
東京都庭園美術館蔵
ヴィクトル・デムール
《1931年パリ国際植民地博覧会》
1931年 ×△○BA-TSU ART GALLERY蔵
ポール・ポワレ《ローブ》1920年頃
藤田真理子、ポール・ジュリアン・アレキサンダー蔵
Mariko Fujita, Paul Alexander
Photo : Tamiko Tanaka (Tami Art Ltd.)
国立セーヴル製陶所 《蓋付き壺「ラパンNo.21」》
1925-27年 東京都庭園美術館蔵
フランソワ・ポンポン 《シロクマ》
1923-33年 群馬県立館林美術館蔵
同時開催
コレクション展示「近現代の彫刻 III」
フランソワ・ポンポン関連資料より―ポンポン彫刻写真―
[別館・彫刻家のアトリエ] 


会期 2019年1月22日(火)~3月31日(日)
時間 午前9時30分~午後5時  ※入館は午後4時30分まで
休館日 月曜日(ただし2月11日は開館)、2月12日(火)
詳細はこちらをご覧ください。
観覧料 一般 820 (650) 円、大高生 410 (320) 円     ※( ) 内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料。
※震災で避難されてきた方は無料で観覧できますので、受付でお申し出ください。
主催 群馬県立館林美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛 ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網
協力 日本航空、ルフトハンザ カーゴAG
後援 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、日仏会館・フランス国立日本研究所
会期中
の事業
  • 記念講演会「アール・デコとエキゾティシズム」(申込不要、先着130名、無料)
    本展を企画した東京都庭園美術館の関 昭郎氏を講師に迎え、出品作品を中心に、アール・デコとエキゾティシズムを巡り、様々なお話をうかがいます。

    日時:3/3(日)午後2時~3時30分
    講師:関 昭郎氏(東京都庭園美術館事業企画係長)
    会場:講堂
  • たてび土曜レクチャー「フランソワ・ポンポンの故郷を訪ねて」
    (申込不要、先着130名、無料)
    美術に親しんでいただくための学芸員によるレクチャーシリーズです。今回は、フランスで行ったフランソワ・ポンポンの最新の作品調査レポートです。

    日時・内容:
    ①2/16(土)「2018年フランス調査より~パリ」
    ②2/23(土)「2018年フランス調査より~ブルゴーニュ、ノルマンディー」
    各日午後2時~3時
    講師:松下和美(当館学芸員)
    会場:講堂
  • 学芸員による作品解説会(申込不要、要観覧料)
    展覧会担当学芸員による解説を聞きながら、作品を鑑賞します。

    日時:1/27(日)、3/13(水) 各日午後2時~(約40分)
    会場:展示室
  • たてび☆キッズウォーク(申込不要、無料)
    子どもたちが楽しみながら作品鑑賞できるイベントです。 ワークシートを使ったクイズやゲームをしながら、自分のペースで自由に展示室を探検します。 参加者には記念品があります。


    日時:1/26(土)、2/23(土)、3/23(土) 各日午後1時~4時 
                    ※開催時間中、自由な時間に参加できます。
    対象:小中学生
    受付場所:エントランスホール
  • 展覧会ポスタープレゼント(申込不要、無料)
    過去の展覧会ポスターを無料で差し上げます。

    日時:2/2(土)午後1時30分~3時30分 *ポスターが無くなり次第終了
    会場:講堂前通路
  • たてび☆びじゅつ部「展覧会ポスターでエコバッグをつくろう」(申込不要、先着100名、無料)
    誰でも気軽に参加できる造形体験コーナーです。今回は「展覧会ポスター」を使ってすてきなエコバッグを作ります。同時開催イベントの「展覧会ポスタープレゼント」から好きなものを選んでお持ちください。

    日時:2/2(土)午後1時30分~3時30分 *小学3年生以下は保護者の付き添いが必要です
    会場:講堂
  • ポンポン・ツアー (申込不要、無料、参加記念品付き) 
    当館人気のフランソワ・ポンポンの彫刻や公開資料を学芸員の詳しい解説付きでご覧頂くスペシャル・ツアーです。展示室や別館「彫刻家のアトリエ」をまわりながら、ポンポンの知られざる秘密に迫ります。

    日時: 2/10(日) 午後2時~2時30分
    会場:別館「彫刻家のアトリエ」、展示室
  • 花と緑の館林づくり協議会との連携事業「あんだんて美術館×群馬県立館林美術館 みんなで花と緑のまちを描こう!」 (要申込、先着24名、無料)
    花と緑の館林づくり協議会が主催する「あんだんて美術館」と群馬県立館林美術館の連携事業として、津久井ひとみ氏を講師にお招きし、「あんだんて美術館」に展示する作品をみんなで制作します。
    詳細はこちらをご覧ください。

    日時:3/16(土)午後1時~4時
    講師:津久井ひとみ氏(画家)
    会場:別館ワークショップ室
群馬県立館林美術館
〒374-0076 群馬県館林市日向町2003 
tel.0276-72-8188 fax.0276-72-8338 
お問い合わせ  リンク 個人情報の保護について 
© GUNMA MUSEUM OF ART, TATEBAYASHI