群馬県立館林美術館 English   モバイル
メールマガジン   サイトマップ

ホームへのリンク美術館概要へのリンク展示案内へのリンク イベント案内へのリンク施設案内へのリンク利用案内へのリンク アクセスへのリンク

[ 展示案内 ]
次回開催予定

深く澄んだ世界を求めて 清宮質文と版画の魅力
2017年に生誕100年を迎える木版画家・清宮質文(せいみや・なおぶみ)(1917-1991)の作品は、静謐で詩的な心象世界で知られます。画家・清宮彬(ひとし)の息子として東京に生まれた清宮質文は、中学生のころにエドヴァルト・ムンクの版画に強い感動を覚えますが、本格的に版画に向き合うまでには比較的長い時間を要しました。1942年、東京美術学校油画科を卒業後、長野や東京の美術教師、商業デザイン会社勤務を経て、1953年、グループ展をきっかけに本格的な木版画家としての道を歩むことになります。以後、春陽会展や個展を中心に作品を発表し、洗練、浄化された世界を追求し続けました。「外の限界を拡げることは不可能ですが、内面の世界を拡げることは無限に可能です」。これは清宮芸術を語る時、もっとも多く引用される清宮自身が書いた言葉です。自らの内なる世界をずっと旅した清宮は、切り詰めた形と深く澄んだ色彩によって、小さな木版画の中に無限に拡がる抒情の詩を謳い続けました。
当館は清宮質文の寄託作品を40点所蔵しています。本展では摺りが生み出す複雑な色調が特徴の木版画や、深い詩情の世界へと誘うガラス絵などを通して清宮の魅力に迫ります。また、清宮が影響を受けたオディロン・ルドン、ムンクなどの海外作家をはじめ、1930年代の都市風景を題材に創作版画の分野で活躍した館林出身の藤牧義夫、エッチングを用いて点と線描による詩情豊かな世界を求めた南桂子、清廉な詩的精神を銅版画のなかで自在に展開する深沢幸雄ら、当館と群馬県立近代美術館の所蔵作品を併せて展示し、多様な版画の魅力を紹介します。この機会に、版画作品との密やかな対話をお楽しみください。
清宮質文《蝶》1963年
群馬県立館林美術館寄託
清宮質文《九月の海辺》1970年
群馬県立館林美術館寄託
清宮質文《深夜の蝋燭》1974年
群馬県立館林美術館寄託
清宮質文《入日(版画集『暗い夕日7』)》1972年
群馬県立館林美術館寄託
エドヴァルト・ムンク《月光Ⅰ》1896年
群馬県立近代美術館蔵(前期展示)
藤牧義夫《つき》1934年
群馬県立近代美術館蔵(前期展示)
同時開催
「植物、樹木そして風景」をテーマに小室翠雲、岸浪百草居らの日本画、小林孝亘、伊庭靖子らの油彩画のほか、大岩オスカール、小瀬村真美の新収蔵作品を展示します。

コレクション展示「近現代の彫刻III」

フランソワ・ポンポン関連資料より-ポンポンと批評家ロベール・レイ-[別館・彫刻家のアトリエ] 
 
会期 2017年1月4日(水)-4月2日(日)
前期展示 1月4日(水)-2月12日(日)
後期展示 2月14日(火)-4月2日(日)
時間 午前9時30分-午後5時  ※入館は閉館30分前まで
休館日 毎週月曜日(ただし1月9日、3月20日は開館)、1月10日(火)、3月21日(火)
詳細はこちらをご覧ください。
観覧料 一般410(320円)、大高生200(160円)   ※( ) 内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料。
※震災で避難されてきた方は無料で観覧できますので、受付でお申し出ください。
主催 群馬県立館林美術館
協力 ミウラ・アーツ
会期中
の事業
  • 記念講演会「清宮質文 詩想の彼方へ」(申込不要・定員130名・無料)
    木版画家・清宮質文の作品の魅力について、清宮研究の第一人者である講師が解説します。


    日時:1/8(日)午後2時-3時30分 
    講師:住田常生氏(高崎市美術館学芸員)
    会場:講堂
  • 記念コンサート「清宮質文と音楽-寡黙な光」 (申込不要・無料)
    「画材というものは音楽でいえば楽器に相当するものでしょう。私にとって水彩とは、なにかヴァイオリンという感じがします」と語った清宮質文に因みヴァイオリンとピアノのコンサートを開催します。

    日時:2/19(日)午後2時-3時
    出演:水谷晃氏(ヴァイオリン)、小川加恵氏(ピアノ)
    会場:エントランスホール
  • ワークショップ「ガラス絵-記憶の中の光」 (要申込・抽選24名・参加費500円)
    清宮のガラス絵に影響を受けた山中現氏を講師に迎え、初めての人にも易しいガラス絵のワークショップを開催します。
    申込方法などの詳細はこちらをご覧ください。

    日時:3/5(日)午後1時30分-3時30分
    講師:山中現氏(出品作家)
    会場:別館ワークショップ室
  • 学芸員による作品解説会 (申込不要・要観覧料)
    展覧会担当学芸員による解説を聞きながら、作品を鑑賞します。

    日時:1/15(日)、2/16(木)、3/25(土) 各日午後2時-(約40分)
    会場:展示室
  • たてび☆キッズウォーク(申込不要・無料・参加記念品付き)
    子どもたちが楽しみながら作品鑑賞できるように企画したイベントです。 ワークシートを使ったクイズやゲームをしながら、自分のペースで自由に展示室を探検します。 参加者には記念品があります。


    日時:1/21(土)、2/25(土)、3/25(土)各日午後1時-4時 
        ※開催時間中、自由な時間に参加できます。
    対象:小中学生
    受付場所:エントランスホール
  • たてび☆びじゅつ部「展覧会ポスターでエコバックをつくろう」
    (申込不要・先着100名・無料)
    誰でも気軽に参加できる造形体験コーナーです。今回は「展覧会ポスター」を使ってすてきなエコバッグを作ります。同時開催イベントの「展覧会ポスタープレゼント」から好きなものを選んでお持ちください。

    日時:3/12(日)午後1時30分-3時30分
    対象:幼児~一般(小学3年生以下は保護者同伴)
    会場:講堂
  • 展覧会ポスタープレゼント (申込不要・無料)
    過去の展覧会ポスターを無料で差し上げます。

    日時:3/12(日)午後1時30分-3時30分 *ポスターがなくなり次第終了
    会場:講堂前通路
  • ポンポン・ツアー (申込不要・無料・参加記念品付き)
    当館人気のフランソワ・ポンポンの彫刻や公開資料を学芸員の詳しい解説付きでご覧頂くスペシャル・ツアーです。展示室や別館「彫刻家のアトリエ」をまわりながら、ポンポンの知られざる秘密に迫ります。

    日時:2/5(日) 午後2時-2時30分
    会場:別館「彫刻家のアトリエ」・展示室
  • たてび土曜レクチャー「版表現」 (申込不要・無料)
    美術に親しんでいただくための学芸員によるレクチャーシリーズです。専門的な視点からだけでなく、美術を身近に楽しむコツをお話しします。

    2/18(土)「南桂子-銅版画のひみつ」神尾玲子(当館学芸員)
    2/25(土)「型染-くりかえす」佐々木正直(当館館長)
    3/4 (土)「柄澤齊 ふれあう平面」佐原しおり(当館学芸員)
    3/11(土)「ゆるゆる目線でいく!モダン版画珍道中」伊藤佳之氏(福沢一郎記念館学芸員)
    時間:各日午後2時-3時
    会場:講堂
  • 群馬県立西邑楽高等学校との連携事業「特別講義 絵画制作を語る」
    (要申込・定員30名・無料)
    群馬県立西邑楽高等学校では芸術科美術コースの生徒を対象に、国内外で活躍している現代作家による特別講義を開催しています。本年度は、リアリズム絵画の現代作家である諏訪敦氏を講師としてお迎えします。一般の方も聴講できますので、ぜひご参加ください。
    申込方法などの詳細はこちらをご覧ください。

    日時:1/31(火)午後1時30分-3時
    講師:諏訪敦氏(画家、広島市立大学芸術学部准教授)
    会場:講堂
  • 花と緑の館林づくり協議会との連携事業
    「あんだんて美術館×群馬県立館林美術館 みんなで花と緑のまちを描こう!」

    (要申込・先着30名・無料)
    花と緑の館林づくり協議会が主催する「あんだんて美術館」と群馬県立館林美術館の連携事業として、市内にアトリエを持つ作家、柳澤顕氏を講師にお招きし、「あんだんて美術館」に展示する作品をみんなで制作します。
    申込方法などの詳細はこちらをご覧ください。

    日時:3/18(土)午後1時-4時
    講師:柳澤顕氏(美術作家)
    会場:別館ワークショップ室
 イベント詳細は順次ホームページ上に掲載します。
群馬県立館林美術館
〒374-0076 群馬県館林市日向町2003 
tel.0276-72-8188 fax.0276-72-8338 
お問い合わせ  リンク 個人情報の保護について 
© GUNMA MUSEUM OF ART, TATEBAYASHI