群馬県立館林美術館 English   モバイル
メールマガジン   サイトマップ

ホームへのリンク美術館概要へのリンク展示案内へのリンク イベント案内へのリンク施設案内へのリンク利用案内へのリンク アクセスへのリンク

[ 展示案内 ]
次回開催予定

生誕110年 傑作誕生・佐藤忠良

佐藤忠良《帽子・夏》(部分)1972年、ブロンズ
宮城県に生まれた佐藤忠良(1912~2011)は、青年期までを北海道で過ごし、画家を志して上京します。その後ロダンをはじめとするフランス近代彫刻に魅せられ、東京美術学校(現・東京藝術大学)で彫刻を学び、卒業して間もなく新制作派協会(現・新制作協会)彫刻部の創立に参加しました。戦時中、召集されて旧満州に渡り、3年間のシベリア抑留も経験します。復員後は一貫して具象彫刻の道を歩み、戦後の日本彫刻史に大きな足跡を残しました。
 本展覧会は、佐藤忠良の三つの代表作に焦点を当てます。写実を深く追求し、日本人の手で初めて日本人の顔を表現したと高く評価された《群馬の人》、イタリアの近代彫刻に刺激を受け、当時の若い女性が身につけた衣服や帽子を活力あるポーズに取り込んだ《帽子・夏》、的確な描写力と場面展開によって1962年の刊行以来読み継がれているロングセラー絵本『おおきなかぶ』。これら三点の傑作の制作背景を、佐藤自身が収集したロダン、ムーア、マリーニなどの作品と、彼らについて語った言葉を手がかりに解き明かします。
展覧会チラシPDF
同時開催
コレクション展示「近現代の彫刻 II」
フランソワ・ポンポン関連資料より―ポンポンの友人 ルネ・ドゥムリス―[別館・彫刻家のアトリエ] 


佐藤忠良《群馬の人》1952年、ブロンズ
photo©佐々木香輔
佐藤忠良《帽子・夏》1972年、ブロンズ
photo©佐々木香輔
佐藤忠良《ボタン(大)》1967-69年、ブロンズ
photo©佐々木香輔
佐藤忠良「ゆきまつり」挿絵原画
『キンダーブック:観察絵本』1955年1月刊
佐藤忠良『おおきなかぶ』絵本原画26-27頁、1962年5月刊
(前後期で場面替/本図は後期展示) photo©佐々木香輔
全て宮城県美術館蔵 

会期 2022年7月16日(土)~9月19日(月・祝)
*会期中、一部作品の展示替を行います。
 前期:7月16日(土)~8月21日(日)、後期:8月23日(火)~9月19日(月・祝)
時間 午前9時30分~午後5時  ※入館は午後4時30分まで
休館日 月曜日(ただし7月18日、8月15日、9月19日は開館)、7月19日(火)
詳細はこちらをご覧ください。
観覧料 一般830円(660円)、大高生410円(320円)    ※( ) 内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料。
主催 群馬県立館林美術館
企画協力 SDアート
会期中
の事業
  • 講演会「佐藤忠良が遺したもの」 (要申込・先着50名)
    本展監修者より、展示の見どころをふまえてお話を伺います。
    申込方法などの詳細はこちらをご覧ください。

    日時:9/3(土) 午後2時~3時30分
    会場:講堂
    講師:三上満良氏(本展監修者・元宮城県美術館副館長)
  • 学芸員による作品解説会 (申込不要・先着20名)
    展覧会担当学芸員による解説を聞きながら、作品を鑑賞します。

    日時:8/3(水)、8/28(日) 各日午後2時~(約40分)
    会場:研修室
    参加方法:当日直接会場へお越しください。
  • たてび☆キッズウォーク(申込不要・無料・参加記念品付き)
    子どもたちが楽しみながら作品鑑賞できるイベントです。 ワークシートを使ったクイズやゲームをしながら、自分のペースで自由に展示室を探検します。 参加者には記念品があります。


    日時:7/23(土)、8/27(土) 各日午前10時~11時30分、午後1時~2時30分 
        ※開催時間中、自由な時間に参加できます。
    対象:小中学生
    受付場所:エントランスホール
  • ワークショップ「ミニチュア彫刻を作ろう」 (要申込・抽選30組・無料)
    柔らかく手につかない粘土を使って小さな彫刻を作り、台座にのせて完成させます。
    申込方法などの詳細はこちらをご覧ください。

    日時:8/21(日) 午前11時~午後3時30分
    会場:別館ワークショップ室
    協力:群馬県立女子大学 奥西ゼミ
  • みんなのアトリエ「多色摺り木版画の摺り体験」 (要申込・先着各日40名・参加費100円)
    多色摺り木版画の摺り体験を行います。
    申込方法などの詳細はこちらをご覧ください。

    日時:7/21(木)、7/28(木)、8/11(木)、8/18(木) 午後1時30分~4時
    会場:別館ワークショップ室
    講師:内山良子氏(木版画家)
  • ポンポン・ツアー (申込不要・先着20名)
    当館人気のフランソワ・ポンポンの彫刻や公開資料について、学芸員の詳しい解説を聞きながら、ポンポンの知られざる秘密に迫ります。

    日時:8/7(日) 午後2時~2時30分
    会場:研修室
    参加方法:当日直接会場へお越しください。
  • 第14回 藤牧義夫記念館林邑楽地区小学生木版画展 (入場無料)

    日時:7/16(土)~8/25(木) ※金曜日閉室
    会場:講堂
群馬県立館林美術館
〒374-0076 群馬県館林市日向町2003 
tel.0276-72-8188 fax.0276-72-8338 
お問い合わせ  リンク 個人情報の保護について 
© GUNMA MUSEUM OF ART, TATEBAYASHI