群馬県立館林美術館 English   モバイル
メールマガジン   サイトマップ

ホームへのリンク美術館概要へのリンク展示案内へのリンク イベント案内へのリンク施設案内へのリンク利用案内へのリンク アクセスへのリンク

[ 展示案内 ]
次回開催予定

時代に生き、時代を超える
板橋区立美術館コレクションの日本近代洋画1920s-1950s

井上長三郎
《静物(骨と布)》1935年
 大正から昭和初期の日本は、関東大震災と復興、世界恐慌、そして第二次世界大戦など歴史の大きな動きのなかにありました。板橋区立美術館はこの時代の作品を開館以来一貫して収集し、他に類をみないコレクションを形成しています。本展では、刻々と変化する社会を反映した作品群をとおして、美術と社会の関わりや、アーティストたちが置かれた環境を読み解きます。
同時開催
コレクション展示「近現代の彫刻 II」

フランソワ・ポンポン関連資料より―ポンポンと第一次世界大戦―
[別館・彫刻家のアトリエ] 


会期 2018年9月15日(土)~12月24日(月・祝)
時間 午前9時30分~午後5時  ※入館は午後4時30分まで
休館日 月曜日
詳細はこちらをご覧ください。
観覧料 一般820 (650円)、大高生 410 (320円)    ※( ) 内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料。
※震災で避難されてきた方は無料で観覧できますので、受付でお申し出ください。
群馬県立館林美術館
〒374-0076 群馬県館林市日向町2003 
tel.0276-72-8188 fax.0276-72-8338 
お問い合わせ  リンク 個人情報の保護について 
© GUNMA MUSEUM OF ART, TATEBAYASHI