群馬県立館林美術館 English   モバイル
メールマガジン   サイトマップ

ホームへのリンク美術館概要へのリンク展示案内へのリンク イベント案内へのリンク施設案内へのリンク利用案内へのリンク アクセスへのリンク

[ 展示案内 ]
現在開催中

デンマーク・デザイン展
 アンデルセンの童話や玩具のレゴブロックなどが有名な北欧の国デンマーク。九州ほどの国土に約570万人が暮らす小さな国ですが、充実した社会福祉制度や、自然再生エネルギーの積極的な導入で知られ、国連が毎年発表する国民の幸福度ランキングでは常に上位に位置し、「世界一幸福な国」と言われます。
 近年、北欧発のデザインが私たちの身の回りを彩り、北欧はデザインの宝庫として注目を集めています。デンマークはその中でもとりわけ、優れたデザイナーを何世代にもわたって送り出してきたデザイン大国として、多くの人々を魅了してきました。暮らしを豊かにするために生み出されたデザインは、美しく温かみがあり、シンプルな機能性を特徴とします。それは、誰もが良質で快適な住まいをもつことを推奨してきた福祉国家ゆえの産物とも言えるでしょう。
 本展は、デンマーク・デザイン博物館の学術協力のもと、デンマークの近代から現代までのデザイン史を「第1章 国際的評価を得た最初のデンマーク・デザイン」「第2章 古典主義から機能主義へ」「第3章 オーガニック・モダニズム―デンマーク・デザインの国際化」「第4章 ポストモダニズムと現代のデンマーク・デザイン」の4章に分け、約200点の作品で辿る日本初の展覧会です。アーネ・ヤコプスン[アルネ・ヤコブセン]、ハンス・ヴィーイナ[ウェグナー]、フィン・ユールらの家具、ポウル・ヘニングスンの照明器具のほか、ロイヤル コペンハーゲンの食器、バング&オルフセンの音響機器、カイ・ボイイスンの木製玩具など、デンマーク・デザインの数々を紹介し、その魅力に迫ります。
皿〈ブルーフルーテッド〉
1785年頃制作
ロイヤル コペンハーゲン
塩川コレクション
ハンス・ヴィーイナ[ウェグナー]
椅子 JH550〈ピーコックチェア〉 1947年
ヨハネス・ハンスン 個人蔵
photo: Michael Whiteway
アーネ・ヤコプスン[アルネ・ヤコブセン]
肘掛椅子〈エッグチェア〉
1958年(1965年頃制作)
フリッツ・ハンセン 個人蔵
photo: Michael Whiteway
ポウル・ヘニングスン、
ペンダント・ランプ〈PHアーティーチョーク〉
1957年
ルイスポールセン 個人蔵
photo: Michael Whiteway
ヴェアナ・バントン
椅子(ハートコーンチェア)
1958年 ヴィトラ 個人蔵
photo: Michael Whiteway
オーレ・キアク・クレスチャンスン
無限連結式ブロック玩具〈レゴブロック〉
1960年頃 レゴ 個人蔵
photo: Michael Whiteway
カイ・ボイイスン
玩具〈サル〉 1951年
カイ・ボイイスン 個人蔵
photo: Michael Whiteway
同時開催
コレクション展示「近現代の彫刻 I」
フランソワ・ポンポン関連資料より―ポンポンのスクラップ・コレクション~様々なイラスト―
[別館・彫刻家のアトリエ] 


会期 2018年7月14日(土)~8月26日(日)
時間 午前9時30分~午後5時  ※入館は午後4時30分まで
休館日 月曜日(ただし7月16日、8月13日は開館)、7月17日(火)
詳細はこちらをご覧ください。
観覧料 一般 820 (650) 円、大高生 410 (320) 円     ※( ) 内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料。
※震災で避難されてきた方は無料で観覧できますので、受付でお申し出ください。
主催 群馬県立館林美術館
後援 デンマーク大使館
展示協力 PP Møbler ApS , Kvadrat A/S
企画協力 株式会社ブレーントラスト       
This exhibition is curated by Designmuseum Danmark and Michael & Mariko Whiteway.
                      
会期中
の事業
  • ハンス・ヴィーイナ[ウェグナー]の椅子に座ってみよう!
    (要観覧料)


    展示室にはハンス・ヴィーイナ[ウェグナー]がデザインした数種類の椅子に座ることのできるコーナーを設けています。
  • トークイベント「デンマークの豊かな暮らし」 ★ 終了しました ★
    デンマークについて造詣の深い芳子ビューエル氏を招き、デンマークのデザイン、デンマーク人のライフスタイルからヒュゲ(デンマーク語で「居心地の良い時間や空間」を意味する価値観)について理解を深めます。

    日時:7/29(日)午後2時~3時30分
    講師:芳子ビューエル氏(北欧流ワークライフデザイナー)
    会場:別館ワークショップ室
    応募方法:往復ハガキ
  • ワークショップ「おしゃれな‘ほっこりライト’を作ろう!」
    ★ 終了しました ★
    身近な材料を切ったり貼ったりしてデザインし、自分だけの部屋を彩るミニライトを作ります。
    詳細はこちらをご覧ください。

    日時:8/18(土) 午後1時~4時
    協力:群馬県立女子大学 奥西ゼミ
    会場:別館ワークショップ室
  • 学芸員による作品解説会 ★ 終了しました ★
    展覧会担当学芸員による解説を聞きながら、作品を鑑賞します。

    日時:7/18(水)、8/4(土)、8/17(金) 各日午後2時~(約40分)
    会場:展示室
  • たてび☆キッズウォーク ★ 終了しました ★
    子どもたちが楽しみながら作品鑑賞できるイベントです。 ワークシートを使ったクイズやゲームをしながら、自分のペースで自由に展示室を探検します。 参加者には記念品があります。


    日時:7/28(土)、8/4(土) 各日午前10時~12時、午後1時~3時 
                    ※開催時間中、自由な時間に参加できます。
    対象:小中学生
    受付場所:エントランスホール
  • みんなのアトリエ「多色摺り木版画の摺り体験」 ★ 終了しました ★
    多色摺り木版画を摺る体験活動です。

    日時: 7/19 、7/26、8/9、8/16(いずれも木曜日)
    各日午後1時30分~4時  ※開催時間中、自由な時間に参加できます。
    会場:別館ワークショップ室
    講師:石橋佑一郎氏(木版画家)
  • 高校生による夏休み宿題相談室 ★ 終了しました ★
    美術を専攻する高校生が、絵やポスターなどの小中学生の夏休みの課題にアドバイスします。

    日時:8/1(水)、8/2(木) 各日午後1時~4時 
    対象:小学3年生~中学生
    会場:別館ワークショップ室
    協力:群馬県立西邑楽高等学校芸術科美術コース
    応募方法:往復ハガキ 
  • 高校生による美術館ミニコンサート  ★ 終了しました ★

    日時:8/21(火) 午前11時~11時30分、午後2時~2時30分 
    会場:エントランスホール
    協力:群馬県立西邑楽高等学校
  • ポンポン・ツアー ★ 終了しました ★ 
    当館人気のフランソワ・ポンポンの彫刻や公開資料を学芸員の詳しい解説付きでご覧頂くスペシャル・ツアーです。展示室や別館「彫刻家のアトリエ」をまわりながら、ポンポンの知られざる秘密に迫ります。

    日時: 8/5(日) 午後2時~2時30分
    会場:別館「彫刻家のアトリエ」、展示室
  • 第10回 日本を代表する木版画家「藤牧義夫」記念
    館林邑楽地区小学生木版画展
    (観覧無料)
    館林出身の創作版画家、藤牧義夫を記念し館林市と邑楽郡の小学生による木版画作品を展示します。
    詳細はこちらをご覧ください。

    会期:7月14日(土)~ 8月23日(木)の期間に6期展示
    休室日:月曜日(7/16、8/13は開室)、金曜日、7/17(火)
    開館時間:午前9時30分~午後5時
    会場:講堂
群馬県立館林美術館
〒374-0076 群馬県館林市日向町2003 
tel.0276-72-8188 fax.0276-72-8338 
お問い合わせ  リンク 個人情報の保護について 
© GUNMA MUSEUM OF ART, TATEBAYASHI