群馬県立館林美術館 English   モバイル
メールマガジン   サイトマップ

ホームへのリンク美術館概要へのリンク展示案内へのリンク イベント案内へのリンク施設案内へのリンク利用案内へのリンク アクセスへのリンク

[ 展示案内 ]
現在開催中

再発見!ニッポンの立体
わが国には土偶や埴輪、仏像や神像、人形、寺社を装飾する彫り物、置物など、信仰や生活に結びついた豊かな造形表現があります。ところが明治以降、西洋の彫刻がわが国に知られると、それらが刺激となって立体造形に大きな変化がもたらされます。それでも江戸時代以前の造形感覚が忘れられたわけではありません。精巧な技術を駆使して本物そっくりを目指した木彫の栗や象牙の貝殻には、西洋美術が得意とする写実表現とは異なる意識がみられます。それらは根付け、水滴、香合など小さな立体に寄せる日本人の感性に特によく表れています。一方で、現代のゆるキャラやマスコットにみる簡略化は、だるまや招き猫、各地で大切にされたこけしの造形と結びついています。本展ではジャンルを超えた多彩な造形表現によって日本固有の美意識を探ります。
《縄文土偶》 橋本平八《人形像》 平櫛田中《気楽坊》
《縄文土偶》縄文時代晩期初頭 
静岡市立芹沢銈介美術館蔵
橋本平八《人形像》1925年
個人蔵(三重県立美術館寄託)
平櫛田中《気楽坊》1961年 
小平市平櫛田中彫刻美術館蔵
《高崎だるま》 松崎福松《野見宿禰と当麻蹶速》 野口哲哉《誰モ喋ッテハイケナイ》
《高崎だるま》2016年 松崎福松《野見宿禰と当麻蹶速》 1928年 双葉寿司蔵 野口哲哉《誰モ喋ッテハイケナイ》 2008年 個人蔵
同時開催
コレクション展示「近現代の彫刻II」

フランソワ・ポンポン関連資料より-ポンポンのアトリエ-[別館・彫刻家のアトリエ] 
第8回 日本を代表する木版画家「藤牧義夫」記念 館林邑楽地区小学生木版画展[講堂]

 
会期 2016年7月16日(土)-9月19日(月・祝)
時間 午前9時30分-午後5時  ※入館は閉館30分前まで
休館日 毎週月曜日(ただし7月18日、8月15日、9月19日は開館、7月19日(火)は休館)
詳細はこちらをご覧ください。
観覧料 一般610円(480円)、大高生300円(240円)   ※( ) 内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料。
※震災で避難されてきた方は無料で観覧できますので、受付でお申し出ください。
主催 群馬県立館林美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛 ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網
会期中
の事業
「野口哲哉アーティスト・トーク」、「彫刻講座」を追加で開催することとなりました。
事業の詳細はこちらをご覧ください。
  • 学芸員による作品解説会 (申込不要・要観覧料)
    展覧会担当学芸員による解説を聞きながら、作品を鑑賞します。

    日時:7/27(水)、8/12(金)、9/11(日) 各日午後2時-(約40分)
    会場:展示室
  • ぐんまちゃんとサイコロじゃんけん大会 ★ 終了しました ★
    ぐんまちゃんとサイコロを使ったじゃんけんをします。ぐんまちゃんに勝てたら当館オリジナル記念品を差し上げます。

    日時:7/16(土) 午前11時-12時
        7/23(土)、8/6(土)各日午前11時-正午、午後2時-3時
    対象:幼児~中学生
    出演:ぐんまちゃん
    会場:エントランスホール
  • ワークショップ「こねこね!お寿司をつくろう ~へいらっしゃい!寿司処たてび~」 ★ 終了しました ★
    日本の立体造形のひとつである食品サンプルをテーマに、粘土でつくったお寿司に色ぬりをします。

    日時:8/20(土) 午後1時-4時     
    対象:幼児~一般(小学3年生以下は保護者同伴)
    定員:先着100名 ※12時45分からエントランスホールにて整理券を配布します。
    会場:別館ワークショップ室  
    協力:群馬県立女子大学 奥西ゼミ          
  • ワークショップ「食品サンプル リアルなパフェづくり」 ★ 終了しました ★
    食品サンプルの製作会社から講師を招き、本物そっくりのパフェをつくります。

    日時:8/27(土) 午後1時30分-3時30分     
    対象:小学生~一般(小学3年生以下は保護者同伴)
    会場:別館ワークショップ室  
    協力:大和サンプル製作所  
    応募方法:往復はがき(1 枚につき1 名まで応募 *家族の場合は複数人の応募も可)
    *応募多数の場合は抽選により返信はがきにて結果をお知らせします。
    応募期間:7/16(土)~8/9(火)[消印有効]
  • たてび☆びじゅつ部「カラーモールで動物をつくろう」(申込不要・無料)
    「たてび☆びじゅつ部」は誰でも気軽に参加できる造形体験コーナーです。
    今回は、 カラーモールを使って、かわいい動物をつくります。
    詳細はこちらをご覧ください。

    日時:9/3(土) 午後1時30分-3時30分     
    対象:幼児~一般(小学3年生以下は保護者同伴)
    定員:先着100名
    会場:別館ワークショップ室                  
  • たてび☆キッズウォーク(申込不要・無料・参加記念品あり)
    子どもたちが楽しみながら作品鑑賞できるように企画したイベントです。 ワークシートを使ったクイズやゲームをしながら、自分のペースで自由に展示室を探検します。 参加者には記念品があります。


    日時:7/23(土)、8/6(土)各日午前10時-正午、午後1時-3時
    9/10(土)午後1時-4時 
    ※開催時間中、自由な時間に参加できます。
    対象:小中学生
    受付会場:エントランスホール
  • 高校生による夏休み宿題相談室 ★ 終了しました ★
    美術を専攻する高校生が、絵やポスターなどの小中学生の夏休みの課題にアドバイスします。

    日時:8/2(火)、8/3(水)各日午後1時-4時
    対象:小学3年生~中学生
    会場:別館ワークショップ室
    協力:群馬県立西邑楽高等学校
    応募方法:往復はがき(1 枚につき1 名まで応募 *兄弟で申込む場合のみ複数可)
    *応募多数の場合は抽選により返信はがきにて結果をお知らせします。
    応募〆切:7/17(日)まで[消印有効]
  • 高校生による美術館ミニコンサート ★ 終了しました ★
    音楽を専攻する高校生が、ミニコンサートを行います。


    日時:8/13(土)午前11時-11時30分、午後2時-2時30分
    会場:エントランスホール
  • 先生のための美術館サマーセミナー ★ 終了しました ★
    美術館見学プログラムや学校訪問鑑賞授業について、実際に体験していただきなから内容を紹介します。

    申込方法などの詳細はこちらをご覧ください。

    日時:8/24(水)午後1時30分-3時30分
    会場:研修室・展示室
  • 第8回 日本を代表する木版画家「藤牧義夫」記念
    館林邑楽地区小学生木版画展
     ★ 終了しました ★
    館林出身の創作版画家、藤牧義夫を記念し館林市と邑楽郡の小学生による木版画作品を展示します。

    会期:7/16(土)- 8/25(木)の期間に6期展示。
    休室日:月曜日(7/18、8/15は開室)、金曜日、7/19
    開館時間:午前9時30分-午後5時
    会場:講堂
  • みんなのアトリエ「多版木版画摺(す)り体験」 ★ 終了しました ★
    多版木版画を摺る簡単な創作体験を行います。


    日時: 7/21、7/28、8/11、8/18(いずれも木曜日)各日午後1時30分-午後4時  
        ※開催時間中、自由な時間に参加できます。
    会場:別館ワークショップ室
    講師:中村美穂氏(木版画家)
  • ポンポン・ツアー ★ 終了しました ★
    当館人気のフランソワ・ポンポンの彫刻や公開資料を学芸員の詳しい解説付きでご覧頂くスペシャル・ツアーです。展示室や別館「彫刻家のアトリエ」をまわりながら、ポンポンの知られざる秘密に迫ります。

    日時: 8/21(日) 午後2時-2時30分
    会場:別館「彫刻家のアトリエ」・展示室
群馬県立館林美術館
〒374-0076 群馬県館林市日向町2003 
tel.0276-72-8188 fax.0276-72-8338 
お問い合わせ  リンク 個人情報の保護について 
© GUNMA MUSEUM OF ART, TATEBAYASHI