群馬県立館林美術館 English   モバイル
メールマガジン   サイトマップ

ホームへのリンク美術館概要へのリンク展示案内へのリンク イベント案内へのリンク施設案内へのリンク利用案内へのリンク アクセスへのリンク


[ 展示案内 ]
展覧会「たてびレポート」プレイベント


9月18日(土)~11月7日(日)開催の展覧会「たてびレポート-開館20周年を楽しむ展覧会-」では、美術館のコレクションを紹介するとともに、展覧会を訪れた皆さんがアートを楽しむことができるよう、参加型作品を制作するアーティストの展示を行います。
ここでは、展覧会開催前に美術館内外で開催するプレイベントや、協力のお願いなどの情報をお伝えします。
※情報は今後、随時追加する予定です。



【プレイベントの開催】
【協力依頼】
【プレイベントの開催】

星素子「館林バトン」

本展出品作家の星素子(ほし・もとこ)氏は、館林と人の魅力を発信し、未来に繋げる参加型アート「館林バトン」を制作します。そこで今回、地域参加イベントを開催し、作品素材となるバトンを館林市内の各施設で広く募集します。
テーマは「里沼」です!
■日本遺産に認定された館林市の「里沼」については、こちらをご覧ください。
「里沼」への想いや魅力を紙のロール芯に漢字1文字で表現して、バトン収集BOX(右の写真を参照)に投函してください。漢字の下に小さく理由もかいてください。余白は色鉛筆で色をつけてもOKです。
参加者1人ひとりのバトンは、秋の展覧会「たてびレポート」の星素子展示『館林バトン&エアハグ』(会場:展示室1)にて、大きな空間作品の素材となって展示される予定です。


バトン収集BOX
■地域参加イベント告知チラシ(PDFファイル)
会期 2021年5月15日(土)~9月5日(日) ※開催時間は各会場の情報をご確認ください。
会場
※開催期間は変更となる場合があります。
※新型コロナ感染症拡大防止により施設臨時休館などがある場合は、館林バトンの募集も一時休止となります。
茂林寺沼
多々良沼
城沼
主催 群馬県立館林美術館
協力  館林市日本遺産プロジェクト

素材協力 丸富製紙株式会社


星素子「中之条ビエンナーレ国際現代芸術祭2019」
地域参加型プロジェクト「中之条バトンをつくろう!」展示風景

星素子展示「館林バトン&エアハグ」にむけたイメージ作品
※多々良沼で作家撮影
[作家プロフィール] 山口県生まれ。瀬戸内海の2都市で育つ。日本大学藝術学部文芸学科ジャーナリズム専攻卒業。東京在住のアーティスト。長年言葉を職業とする日常から生まれた問い「なぜ言葉は翻訳が必要なのか?」を起点に独学で探究・開発した言葉アート(循環型視覚詩・コンセプチュアルアート)を軸に国内外で作品発表やワークショップを重ねる。地域性が現れることに着目し「コミュニケーション/場(地域・環境)/個とパブリック」をテーマとする参加型アートを展開。人間の想像する心を応援している。
「館林バトン」はプレイベントとして開館20周年の「館林美術館」をテーマに美術館内でも9月5日(日)まで募集します。ご来観の際は、ぜひご参加ください!

安部泰輔作品のための古着募集

本展出品作家の安部泰輔(あべ・たいすけ)氏は、古着を素材にぬいぐるみなどの作品を制作するアーティストです。
展覧会の会場内は、安部さんによって古着でディスプレイされ、会期中は古着を素材にしたワークショップも行います。そこで、開催前に作品の素材となる古着を募集いたします。
集める古着
ご家庭でいらなくなった古着(下着、セーター、靴下、スーツ、ジャケットは作品として使用できないため、除きます)で 洗濯したもの を、ゴミ袋などの袋、または段ボールに入れてお持ちください。
集める方法:指定した日時に美術館のタクシー乗り場近くの特設収集場所までお持ちください。
※展覧会終了後に返却は行いません。
集める日時 7月8日(木)、7月24日(土)、7月31日(土)、8月17日(火)、8月28日(土) 
        各日10:30~11:30  13:30~14:30

※上記以外の日時の持込みをご希望の場合、電話(0276-72-8190・受付は開館時間内のみ)またはメール (tatebi@pref.gunma.lg.jp)でご連絡ください。
※古着を提供していただいた方には、展覧会「たてびレポート」の入場券を差し上げます。どんな展示になるのか、ぜひ見に来てください。



過去開催の様子
[作家プロフィール] 1974年生。大分出身、大分在住。古着やハギレを使って小さな立体(ヌイグルミ)を制作し、そのプロセスも含めて作品とする観客参加型のインスタレーションを、日本各地で展開。会期中毎日、会場にてひたすら作り続けるという独自の制作スタイルで、全国各地の美術館やアートフェスティバルなど参加・交流型のアートプロジェクトに参加。

twitterでの写真募集

■群馬県立館林美術館公式Twitterアカウント(@gunmatatebi)をフォローしてください。
■「#私のたてびイチオシ写真」をつけて、 群馬県立館林美術館や美術館周辺を撮影した写真 (新規撮影の必要はありません)を投稿してください。
■9月18日~11月7日に開催する「たてびレポート-開館20周年を楽しむ展覧会-」の特設コーナーで紹介させていただきます。
■投稿された方には当館よりDMで連絡させていただきます。
【募集について】
  • 概要
    Twitterの群馬県立館林美術館公式アカウント(@gunmatatebi)をフォローし、「#私のたてびイチオシ写真」で投稿さ  れた写真を美術館でダウンロード、プリントアウトし、展覧会「たてびレポート―開館20周年を楽しむ展覧会―」内  の特設コーナーでコメント、アカウント名とともに紹介します。
  • 募集形態
    Twitterへの投稿のみとします。
  • 募集期間
     展覧会での紹介は2021年8月7日(土)-8月31日(火)までに投稿されたものとします。
  • 写真の内容 
     投稿者本人が撮影した写真であり、群馬県立館林美術館または群馬県立館林美術館周辺で撮影されたものに限ります。  (新規撮影の必要はありません)できればその写真に関するエピソードなどのコメントをつけてください。  *著作権が投稿者本人にあること  *人物が写り込んでいる場合は肖像権に問題のないこと
  • 採用について
     投稿は何件でも可能ですが、美術館での紹介は1アカウントにつき1点とさせていただきます。  紹介写真プリントの指定はできません。  投稿・採用の時点で、美術館での印刷展示、また会場での撮影について同意したものといたします。  写真やコメントが本企画の趣旨に合わないと判断される場合、採用を見送らせていただくことがあります。  投稿・採用された方には、展覧会「たてびレポート」の入場券1名分を差し上げます。  美術館からの連絡はTwitterのDMで行います。
群馬県立館林美術館
〒374-0076 群馬県館林市日向町2003 
tel.0276-72-8188 fax.0276-72-8338 
お問い合わせ  リンク 個人情報の保護について 
© GUNMA MUSEUM OF ART, TATEBAYASHI