記念対談「作家とコレクターが語る、作品やコレクションのこと」

要申込 レクチャー/トークイベント

本展出品作家である山中現氏と作品の寄贈者でコレクターの飯野光夫氏を講師に迎え、作品やコレクションについてお話をうかがいます。

 

山中 現やまなか げん プロフィール

1954年、福島県喜多方市生まれ。1980年、東京藝術大学大学院 美術研究科 版画専攻 修了。
在学中に版画家であり、版画史研究家としても知られる小野忠重による版画の集中講義を受けたことがきっかけで、木版画を始める。
1980年前後より、白や黒、グレーを基調にした作品を生み出し、1984年に第二回西武美術館版画大賞展で日版商買上賞を受賞。
版画のみならずガラス絵、油彩など様々なジャンルの作品を制作し、静謐かつ詩情溢れる世界を表現している。

 

飯野 光夫いいの みつおプロフィール

1958年、富岡市生まれ。下仁田高校卒業。1995年、切り絵作家の関口コオ氏の作品が阿久津画廊(前橋市)で販売されたことをきっかけに画廊通いを始め、様々な作家の作品を幅広く収集するようになる。2010年に阿久津画廊で初の「I氏コレクション展」を開催、その後、高崎市美術館や富岡市立美術博物館でも開催。
2021年、10点の深沢幸雄作品とともに327点の山中現作品を当館に一括寄贈する。

日時
2023年3月4日(土) 午後2時~3時30分 ※午後1時30分より開場
講師
山中 現 氏(出品作家)、飯野 光夫 氏(I氏コレクション)
対象
一般
会場
講堂
定員
先着50名 ※定員になり次第受付終了。
参加費
無料
参加方法
要申込、2/15(水)より受付開始。
Eメール(申込先メールアドレス:event@tatebi.jp)でお申し込みください。      
申込記載事項
件名:3/4 記念対談
本文:(1)申込者名(2名の場合は全員のお名前)
   (2)日中連絡が取れる電話番号
※1回の申込につき2名まで申込可能です。
  (複数のアカウントを用いての同一人物による重複申込はご遠慮ください。)
※受付開始日前の申込、記入事項に不備のある申込は無効です。
※送信後、3日以内に返信がない場合は、美術館まで電話でお問い合わせください。

◇新型コロナウイルス感染拡大防止のため、状況に応じて変更になることがあります。

SNSでシェアする

LINE

一覧に戻る

トップへ戻る